薬のケース

クラミジアは最も一般的な性病だと言われており、日本国内の患者数は数多くある性病のなかでも最も多いと言われています。患者数が非常に多いクラミジアの主な感染経路は性行為によるものなので、性的な接触がある行為を行うときには病気がうつらないように気をつけておかなければなりません。経路についての正しい知識を持っていなければ、クラミジアに感染してしまったり、安心して性交渉を行うことができなかったりするので、まずは正しい知識を身につけるようにしてください。

性病の多くは性行為が感染経路となって病気がうつりますが、クラミジアの場合もセックスやオーラルセックス、アナルセックスによってうつることが多くあります。コンドームを使用せずにこれらの行為を行ってしまうと約50%の確率でうつると言われているので、きちんとコンドームを装着して性行為を行うことが大切です。具体的にどのようにして病気がうつってしまうのかと言うと、クラミジアの原因菌は病変部の粘膜や精液、膣分泌液などに存在しているので、これらが粘膜に触れることで病気がうつってしまいます。最近は風俗を利用する男性が多いこと、一般的なカップルでもオーラルセックスを行うことが原因で、オーラルセックスによる感染も増えているようなので注意しておきましょう。

今のところクラミジアがお風呂や温泉、トイレの便座などから感染してしまうという報告はされていないので、基本的には性行為を行う際にうつらないように気をつけておけば良いと言えます。ただし、キスや回し飲みでクラミジアになってしまう可能性は完全に否定することができないようなので、クラミジア患者とキスや回し飲みをするとうつってしまうことがあるかもしれないと理解しておきましょう。論文や研究発表などでは感染したというデータが報告されていませんが、病原菌の特性などからキスや回し飲みでの感染がないとは言い切れないので、これまでに事例がないからといって油断しないことが大切です。

このように、多くの場合は性行為が感染経路となってクラミジアが発症するので、性行為を行うときには病気になってしまわないように意識しておくことが重要だと言えます。感染経路について誤った知識を持っていると、予想外の経路で病気になってしまうことがあるかもしれないので、クラミジアの場合はセックスやオーラルセックス、アナルセックスなどの性行為で感染することが多いと認識しておくようにしてください。